白日朝日のほーもぺーじ

ブログタイトルほどほもほもしくはありません

『犬と魔法のファンタジー』感想、あるいは「自分であるということを選び取る」おはなし。

今にして思うと、田中ロミオという作家は最初から優しかったのだと思う。 『家族計画(山田一名義)』ははじかれ者の人間が寄り集まって、重ね掛けしたような苦境と闘いながら自分の人生を選び取っていく話であったし、 『CROSS†CHANNEL』は、人間ときちんと…

私的おすすめ漫画作品 10選

選考基準は曖昧ですが、おおむね「俺は大好きだけど、身の回りであんま感想見ねえな」みたいな作品を選んでいる感じです。割とメジャーな作品、マイナーだけれど自分の周囲では良作扱いされていたり流行っている感のある作品は予めはじいております。 作品は…

『ちょびっツ』観終えました。

「あー、久しぶりにストレートにSFっぽいお話観れたなあ」 というのが自分のなかで一番先に出てくる感想ですね。 SFらしい……設定というifが、主題にあたるものを拡大あるいは補強していく感じがとても好ましかったです。もちろんこれは個人的なSFの…

アイドルマスターシンデレラガールズ』四話がとても良かったという話

一話を観たあとにかなり批判的な態度をとっている日記がmixiにあるのだけれど、三話まで観た段階からほとんど無抵抗なぐらい作品にタコ殴られながらの視聴になっている俺がいるので、その辺は一旦保留しておいて、機会があればあとで言葉として整理しようと…

『ちょびっツ』を観ている

原作、アニメ版ともに開始されてから十年以上経っているという今さらではありますが、『ちょびっツ』のアニメ版を視聴開始しました。 以前から近所のレンタルショップに置いていないか探してはいたのですが、見つからなかったので今回は潔くGYAOに課金してい…

二次元のいきものをかわいいと思う瞬間のはなし

一昨日はたいようのいえ最新巻を読んでいた。相変わらず真魚のかわいさだけでご飯三杯余裕でいける内容で、くはー、とか意味の分からない奇声をあげながらベッドの上で転げるような状態に運ばれてしまった。 昨日は青い花の最終巻とタカハシマコのスズラン手…

文章とはけ口

某店長さんのブログを読んで思ったことを書き連ねる。内容としてはそんなにリンクしたり言及はしていないかと。 ブログとかいうものを始めた頃から自分は全くといっていいほど、自分の文章で喋ることを苦手としている。 ここからしばらく前提としての自分語…

『ねらわれた学園』について

原作もそこから派生するドラマ等についても詳しくない俺はアニオタとしてかくあるかといった具合に劇場アニメ版のそれを今更ながらに初めて観た。その開始十分ほどの感想がこれだ。(メモとった) 「劇場で、見てえ」 正直な話、色々な部分でなめくさってた…

『ガタカ』について

久しぶりに面白い映画を観た。 誰に読ませるという意図もないサイトなので、映画の詳細を紹介するつもりはないけれど、技術進歩が近未来の社会に与える影響というビジョンを分かりやすく見せつつ、そこから作品主題へと絡める手際というか図式の提示の上手さ…